光脱毛器

本気で脱毛を悩んでいる人にとって『家庭用脱毛器』を買うか買わないか という問題はさらに頭を悩ませられる問題です。「脱毛器を買う位なら “脱毛サロン” に行った方がいいかな?」とか「たくさんありすぎて どれを選べばいいかわからない!」とか。
結局悩んだ挙句、何も行動をおこせず進展もないまま日々は過ぎてゆく、という悪循環。

そんな悩めるあなたの為に、自分にあった脱毛器の選び方!そして、いま一押しの脱毛器はどれか! を提案したいと思います。

光脱毛器
“光脱毛器”  自分に合った脱毛器を選ぼう!!

一概に「光脱毛器」と言っても種類があります。自分にピッタリなのはどれ?

光脱毛器には主に “フラッシュ式” と “レーザー式” の2種類があります。
違いは… わかりやすい所で言うと、「脱毛サロン」と「医療脱毛クリニック」 といったところです。が そこは家庭用と言う事で、素人でも安心して使えるように出力を抑えている物がほとんどです。

そしてその “フラッシュ式” と “レーザー式” の最たる機種がこちら ↓

光脱毛器

光脱毛器

向かって左側は知る人ぞ知る あの楽天の《年間家電売り上げランキング》で 2012年以降 4年連続1位! という快挙を成し遂げた 伝説の家庭用脱毛器!『ケノン』
そして、左は 家庭用レーザー脱毛器においては 右に出るものはない! と言う位の アメリカ生まれの “レーザー脱毛器” 『トリア』 です。

2つとも 今 最も注目を集めていて人気が高く、且つ 売れている家庭用脱毛器です。
「人気があり、売れている」と言う事は、効果があるから と言う事に他なりません。

それでは、それぞれの光脱毛器のスペック・機能などを見てみましょう!
まずは、   『 トリア 』
光脱毛器   《スペック》

・ ダイオードレーザー
 出力波長:810nm(クラス1)
・ 5段階出力調整機能搭載.
・ 充電式.フル充電後 稼働時間30分(目安).
 本体一体型リチウム電池内蔵.
 充電可能回数:約500回
・ 照射回数(目安);わき・・・片側 約100回(所要時間4〜5分)
・ 総重量:600g 

 

前述しましたが、”トリア” はアメリカで誕生して 日本に輸入され今年2015年で10周年を迎えます。

その間、数々の女性ファッション誌や広告などの媒体を通じて 徐々に “働く女性”、もしくは “忙しくて自分の事にあまりかまっていられない女性” 達からの人気を獲得してきました。

そして、その独特の外観がまた好感度を増すひとつの要素として加わり、さらに、本体のみ! というシンプルな作りが いっそう購買意欲をかきたたせ、これだけの人気が出ているのだと思います。

ではまずは “トリア”誕生の生い立ちなどを少々・・・
“トリア”は、北アメリカの西海岸 カリフォルニア州で 2003年位から研究開発されて来ました。

当時、実際に医療現場で使われていたレーザー脱毛器 《ライトシェア》を家庭で手軽に使用できるハンディサイズに変え、尚且つ クリニックと同様の効果を得られるようにと、日々開発は続けられ・・・

そして 晴れて 2008年 “FDA(アメリカ食品医薬局)” の認可を受けました。
“FDA” と言うのは、日本では “厚生労働省” に値する機関。アメリカ国内で開発 もしくは販売されるもの(薬品・化粧品・美容機器関連etc..)全ての安全性・適格性を取り締まっている機関です。
よって、”FDA” に認可されると言う事は、安全性が保証された と言う事になります。

年代からみると “FDA”に認可される以前にはすでに日本に上陸していた”トリア”ですが、ここでさらに “安心” が保証された訳です。

ですが、いくらFDAに認可された と言ってもここは日本。レーザーでの脱毛は医療機関でしか許されていないのが現状です。よって レーザー式の脱毛器は少数派。購入を考えるのもうなずけます。
「はたして 本当に安全なんだろうか?」「痛みや 焼けどの心配は・・」等、不安要素は多々あります。

そこで次に 家庭用光脱毛器”トリア” での脱毛の安全性について触れておきたいと思います。

“トリア” の脱毛は本当に安全?
“レーザー脱毛” が “光(フラッシュ)脱毛” と比較して、脱毛効果が高い事は ご存知かと思います。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンで比較した場合では、脱毛サロンのおよそ 3倍!
脱毛サロンでの 15回分の施述が 医療クリニックでは わずか5回!の施述で完了します。(個人差あり)

そして (2度目になりますが・・) “レーザー脱毛” と言えば 日本では医療によってのみ施述が許されている脱毛方法です。つまり医師免許を持った者でないと レーザー光を扱えない と言う事です。そんな危険?な光線を 一般消費者(シロウト)が なんの免許も無しに、バシバシ照射してしまって大丈夫なのでしょうか? 

光脱毛器
“トリア” のレーザー照射は 5段階に分かれていて、一番強いレベルでの照射で20ジュール程です。といっても ピンとこないかもしれませんが・・

《レーザーの出力レベル 7段階のうちの一番低い「クラス1」です。これは、日本工業規格(JIS)での安全基準で もっとも安全とされるレベルです》
 
例えば、医療レーザーでの出力は 最高で60ジュールまで照射が可能。
もちろん高ければ高いほど 効果も上がるわけですが 危険も伴います。そこの所が 医療でしか扱えないという ゆえん なのでしょうが・・・

なので さすがに家庭で使う光脱毛器でそんな強い光線を使用するハズはありません。
つまり・・・
トリアの最高レベルで 医療脱毛の最高レベルの3分の1の出力 となり 安全度は高いと言えます。

となると・・ 「え〜っ そしたら 脱毛効果ってあまりないんじゃないの?」っと思われるでしょう。

とはいえ 通常のレーザー光であれば 20ジュールと言えば 火傷をするレベルなんだそう・・・
っが、トリアで使用しているのは、”ダイオードレーザー” と呼ばれる光線で、これは20ジュールであっても皮膚にダメージを与える事なく 毛根や毛包を破壊することができる というレーザーで、取り扱い説明書に従った脱毛を心がけて使用すれば、十分に脱毛効果を期待することができます。

医療脱毛では 決められた回数での脱毛しかできない のに対し “トリア” はいつでも自由に使える自分専用の光脱毛器。長期的に使える事を考えれば、脱毛効果は自然と実感していくことでしょう!!
 

光脱毛器“光レーザー脱毛器” トリアの脱毛効果ってどれくらい?
トリアって独特な形してるけど、使い勝手とかどうなの?

“トリア” の安全性を確認いただいたところで、いよいよその性能・機能について・・・

“トリア” の脱毛方法は、前述した通り ダイオードレーザーによるレーザー式脱毛。フラッシュタイプの脱毛器と比べてエネルギーチャージの時間が不要のため、照射間隔が非常に短いのが特徴です。
また 照射回数の制限も無いので、バッテリーの続く限りどんどん照射を進めていけます。

ですがここで!

トリアは図らずもレーザー脱毛器。バシバシ照射はできるものの おそらく脱毛し始めの期間は その痛みでもって 大抵の方は冷却ジェルで冷やす事をよぎなくされ 脱毛作業は中断するでしょう。
光脱毛器
そうです・・・ ”トリア” 光脱毛器の最大の弱点。
それは 「痛み」
レーザー式脱毛の宿命とも言えます。効果が高い反面のリスク・・・ 
もちろん個人差はありますが 大抵の方は 出力が高くなるにつれ 痛みを感じるようです。ですが この痛みこそ レーザーが的確に毛根に反応している証拠といえるのです!

そして 照射部分は レーザー光が発射する部分のみの 直径8mm
                   (それ故に あの独特のフォルムとなっている訳です。)
その先端部分をピッタリと肌に当て 照射します。(注:レンズ全体が皮膚に触れていないと照射されません)
続けて照射する場合は、そこから直径の約半分の5mm程ズラして再び照射。これを繰り返して行きます。

ちなみに 主要な部位別の照射目標回数と所要時間の目安はこちら ↓
光脱毛器

内臓バッテリーは 《スペック》にもある通り 充電回数500回。照射するエネルギーレベルによって持ち時間は違ってきますがバッテリーの続く限り 照射回数は無制限です。
この充電回数に達した場合、内臓バッテリーの交換が必要になり その交換費用はおよそ2万円程かかります。

しかも 重量が600gという事で、あまり長時間の使用だと すぐに腕が疲れてしまって誤照射をしてしまう危険もあります。本体に脱毛機能が搭載されているため切り離す事は不可能。

そこで こちら!!

光脱毛器 トリア.パーソナルレーザー
『プレシジョン』

《スペック》

・ ダイオードレーザー
 出力波長:810nm(クラス1)
・ 3段階出力調整機能搭載.
・ 充電式.フル充電後 稼働時間15分(目安).
 本体一体型リチウム電池内蔵.
・ 総重量:200g 

 
基本的な性能は “4X” と変わりません。
が、出力調節が3段階までとなっていて フル充電からの稼働時間も15分、と 4Xの半分です。ですが、4Xよりも格段にコンパクトな為 より細かい部分の脱毛に最適!

なので 理想は、”4X” をメインで “プレシジョン” をサブで、と言う風に使い分ける方法が一番だと思います。
また、”プレシジョン” はそのコンパクトさ から、どこでも持ち運びができます!外出先のちょっとした時間で ササッと脱毛処理が出来てしまうのも魅力の一つ!
 

 
では、次に!
光脱毛器楽天週間 & 年間売り上げ常に上位! の、
家庭用光脱毛器 『ケノン』
《スペック》は・・・

・ ランプ / キセノンランプ.
・ 熱量調整 / 10段階.
・ 照射部 / カートリッジ交換方式.
・ 光源 / Pulsed light(パルスライト).
・ 電源 / 100v.

 
“ケノン” がここまでになるには 数々の先輩脱毛器達があったから・・・ 
“アイエピ” に始まり、”クラリスフラッシュ”.”シルキン”.”イーモ”.”イーモリジュ” と、さかのぼる事 数年あまり・・

その度ごとに 機能を追加 もしくは一新し、お客様の満足のいく脱毛器を提供しようと 努力を重ねてきたメーカー(エムロック)さん。
常に一般ユーザーの意見を聞き続け・・ その数
10年間でおよそ延べ 30万件以上!!

それらの意見をすべて一つ一つ大切に、 “ケノン” に反映させて来た、
まさに・・・ 『お客様の声によって作られた脱毛器』である訳です。

使う側の立場になって作られているからこそ これだけの人気が集まったのだと思います。そして、買った人の期待を裏切らない充実した機能の数々!   それでは 次に それらの機能を検証してみましょう!!

《 機能 その1.》 最高 20万発!
まず、光脱毛器といえば、ショット力。(ショットのちから)
“ケノン” は脱毛部位・目的によって カートリッジを交換して使用する仕組み。これは “イーモリジュ” の時代からの画期的な技術です。なんたって カートリッジさえ変えれば自由にパワーの調節ができ 全身くまなくあらゆる場所に使える んです。

そして そのショット数が すべてのカートリッジで増大しました。 2種のラージカートリッジでレベル1の使用時最高20万発。通常カートリッジ(スリムカートリッジ他) でも16万発に増えたんです。
前機種の最高は16万発。(スリムカートリッジで約13万発でした)

そもそも 1部位でかかるショット回数は最高で200発。20万発もあれば十分余裕です! 注;レベル1の場合
さらに “ケノン” は消費電力も極力抑えています。1ショットあたり ?\0.0185-!
ランニングコストが安く、購入後にはあまりお金がかからないお財布に優しい光脱毛器なんです。

これは 国内メーカー同士がタッグを組んで、新開発された高性能ランプ を採用しているから とのこと。

“カートリッジ”式光脱毛器の最大の利点は、家族一人一人が専用のカートリッジを持つ事ができ 衛生面を気にせずに使うことができる! そう!男女問わずに・・ 
男性のヒゲさえも!
光脱毛器
男性のヒゲは 非常に太く、毛穴が深いので 出力の弱い光で脱毛をしても なかなか結果が出ず、逆に強すぎる光では肌トラブルを起こしてしまう事もある と言う厄介なもの。

光脱毛器ですが、”ケノン” の
『ヒゲ専用カートリッジ』を使う事で 口元周りの細かい部分まで 照射でき、しかもパワーが落ちる事はありません。
ただ、ヒゲの場合 一番効果があるのは “レベルMAX-1ショット” というケノンでは 一番 強い光になりますので、場所がデリケートな “顔” だけに、多少の痛みがある可能性は否めません。っが、ひげ脱毛時の注意事項に従って 十分なケアをしつつ行うことで 肌トラブルは回避でき 痛みも軽減されるでしょう。

「脱毛サロンや皮膚科・脱毛クリニック等に通い詰めて脱毛する」 となると、やはりそれなりのまとまったお金が飛びます。それが 一人ではなく家族みんなが使える となると・・ 

毎日 髭剃りをしていたお父さんや兄弟達も、最初は興味がなくても 次第に 「ちょっと使ってみようかな・・」っとなるかもしれません。ひょっとすると おじいちゃんや おばあちゃんも 脱毛に興味を持つようになる場合だって・・

まさに 脱毛の連鎖反応が起こり みんながお手軽にキレイを手に入れる事ができるようになるのです。

《 機能 その2.》 カートリッジ照射面積が最大!・・ “ケノン” 「ラージカートリッジ」の照射面積は、3.5cm×2.0cmの7cm?で 業界最大! ”照射面積が広い” と言う事は、1回の処理範囲がそれだけ広くなる と言う事で、従来型の脱毛機と比べると、2倍以上の速度で脱毛を行うことが可能で しかもショット数は減る という一石二鳥のお得さ加減。ヒジ下の脱毛はわずか22発で照射完了! 同じ10分間で、約2倍のスピード差! 当然でしょう。

「ラージカートリッジ」でソレです。 ・・・しかし 驚くなかれ “ケノン” には もう一つ!
「エクストララージカートリッジ」
ケノン脱毛なっ なっ なんとっ 面積 9.25?!! ラージを上回る広さ!!
家庭用最大級!!

これは・・・ もう何も言うことはありません・・ 
広い部分の脱毛に効果を発揮してくれること間違い無し!です。

さらに カートリッジの チャージ時間がわずか5秒!照射面積の広さと相まって短時間での処理に追い打ちをかけてます。※ チャージ時間・・・1ショット打った後、次のショットまでにかかる時間。

《 機能 その3.》 業界最大出力の光脱毛器!・・MAXパワー1発 & 超速6連射、3連射を切り替え可能!      ●肌の弱い方は、お肌に優しい6連射
               ●素早く脱毛したい方は、強力1発

一番効果が大きいのは “MAX1発”。つまり最大レベルでの1ショットです。
ですが、いきなりのMAXはちょっと危険です。慣れてきてからにしましょう。

※ 2012年日本国内で市販されている一定以上の出力のフラッシュタイプ家庭用脱毛では、出力No.1。

っと、ここで・・  ”MAX” というのは 10段階ある出力調整レベルのうちの “レベル10″。
脱毛部位や肌質に合わせて出力を調整できる 嬉しい機能です!10段階までの調節が出来るのは、おそらくケノンだけではないでしょうか?

光脱毛器《 機能 その4.》 残り照射数が一目瞭然!・・大型のディスプレイに、カートリッジの残り回数をしっかり数字で表示してくれるので 残り何回使えるのかがすぐに分かります。

『レベルが最大の10の出力なら、10000発が照射可能回数になります。つまりケノンの残り発射可能回数は、フラッシュの出力レベルによって異なります。 また、トリプルショット(3連射)では3発分、シクスタブルショット(6連射)では6発分 残り照射可能回数が減ります。』

《 機能 その5.》 美顔器としても使えます!・・カートリッジが3種類あり、脱毛用カートリッジが2種類。スキンケア(美顔)用カートリッジが1種類です。目的に応じてカートリッジを交換するだけで、ケノンの機能を変更できます。
光脱毛器
美顔機能についても 楽天の美顔部門;” 超音波美顔器部門 ” , ” 美顔器部門 ” , ” 美容機器脱毛部門 ” でそれぞれ 1位!!。 美顔機能はイーモリジュの時代から『光エステ機能』として 搭載していましたが、こちらも進化しているようで かなりの効果が期待できます。

”フォト美顔” と言うと他社製の光脱毛器にも搭載されている機種はチラホラありまして、お肌の内部”コラーゲン生成”に働きかけ シミ・ソバカス・くすみ・ニキビ・赤ら顔 等幅広い範囲での効果が期待できる!
という優れもので この機能の為だけでも十分に買う価値はあると思います。

ですが そこは “ケノン” です。面倒なジェルや美容液は一切不要! 『黄金の比率 光10連射』! で、しわやたるみ ほうれい線等 いわゆるアンチエイジング効果もあるという口コミも見受けられます。
《 機能 その6.》 特殊静電式センサー採用!・・肌に当たる部分に樹脂を採用。金属アレルギーの方にも安心して使えます。

こういう所で 日本人の仕事の素晴らしさを実感しますね。日本人ならではの 細やかな作り・・ たいしたことではないと言われればそれまでですが、使う人の側に立って作られている気がします。

《 機能 その7.》 滑らすだけ!自動連写!・・自動的にフラッシュが照射される機能、「ショットモード自動」が搭載されています。
フラッシュを発射するボタンを押さなくても、照射面と皮膚が接触していれば、自動的にフラッシュが発射される機能です。 自動モードならスライドするだけで、スムーズにムダ毛処理が進められます。

手元を見なくても自動的に照射されるから、楽々スピード脱毛が進められます。
要するに、あまりおすすめしませんが ” 〜ながら脱毛 ” が 可能と言う事です。

光脱毛器《 機能 その8.》 安心全面特殊フィルター採用!・・カートリッジの部分にも冷却ファンが付いてます。

このファンの名前を「シロッコファン」と言い、ハンドピースや、ランプカートリッジが熱くなるのを防いでくれます。

《 機能 その9.》 一瞬でパワー MAX!・・家庭用脱毛器としては No.1 の発光時間を実現! 最短 400マイクロ秒(0.4ミリ秒)という非常に短い時間に強力な光を発生させ、肌へのダメージを軽減します。

痛みが苦手という方や、肌へのダメージを少なくしたい方にも、お勧めです。

《 機能 その10.》 本体マシンが自動的に故障を察知!・・超小型のCPが内蔵されており 絶えず製品の状態をAiが監視。温度が上昇した場合自動的に冷却時間を延長したり、故障箇所がないか自己診断したりと なにかと賢いんです。

だから 万が一故障した際も安心! 液晶画面に故障の原因を表示されるので ある程度の故障箇所がわかります。又、故障・サポートのためのフリーダイヤルも用意されていますので迅速な修理対応が可能。

光脱毛器《 機能 その11.》 日本人のための日本語表示!・・液晶画面の部分に表示される文字は、日本語です。
日本メーカーの日本製脱毛ケノンだからこそ、液晶画面にも日本語。
取扱説明書も、ほとんど日本語で書かれています。

その他、小さいお子さんがいるご家庭や 夜間でも安心して使える 『ミュート(消音)機能』なども搭載した 至れり尽くせりっぷり!!
 
いかがですか!?この機能の充実っぷりときたら…
まさに 光フラッシュ式脱毛器の頂点に君臨する機種は違います!

光脱毛器は様々あって なかなか自分に合うものというのは見つけにくいです。なので、まず一つの選ぶ基準として 最も人気があって売れている!物から当たるのが得策ではないでしょうか?

光脱毛器
“光脱毛器” 効果を実感できる人,出来ない人,の違いは?

同じ光脱毛器を使っているのに効果がない!ってどういう事?

たま〜にネットなどで家庭用光脱毛器なんて効果ない!」とか「脱毛器なんてお金の無駄!」「買って損した」等の記述を見かける事があります。そんなように 書かれた人達が本当に、家庭用脱毛器を正しく使っていたのか? どうかは謎ですが・・・

“家庭用光脱毛器” で効果を実感する為には、正しい使用と根気強さが重要になってきます。
例えば、一度でも”脱毛サロン” や “医療クリニック” に通った事のある方ならご存知かと思いますが、サロンやクリニックでの脱毛は個人の毛周期に合わせた脱毛を行う為 施述する間隔はほぼ2ヶ月〜3ヶ月間隔です。1部位の脱毛を完了するのに脱毛サロンでは最低でも1年ないし2年、医療クリニックで1年ほど。

っと、いずれも長期戦です。・・・サロンやクリニックでは “契約金” や “脱毛回数” 等、なにかと制約があるので いやおうなく通わざるをえず 継続できますが、こと 家庭用脱毛器での「自宅脱毛」となると、”自分次第” という 制約もなにもない自由!な脱毛。 
その反面なかなか継続することは難しくなります。せっかちな人は 早く結果を出したくて、個々の光脱毛器の使用説明書を無視し毎日ショットを打ったり・・ なんて事もあるかもしれません。

毛周期に沿った脱毛なんて・・・  しかも 自分の毛周期を自分で管理するなんてほぼ不可能に近いですよね。
“家庭用光脱毛器” での脱毛処理は、取説では たいてい1週間〜2週間おき というとってもわかりやすい処理間隔をとってくれています。これなら処理する度にカレンダーやスケジュール帳で管理する事ができ 処理忘れも防げます!

そして この作業を4,5回 もしくはそれ以上継続する事で あなたもツルッツルピッカピカの女度の上がったお肌を手に入れる事ができるのです!

家庭用脱毛器はケノンで決まり!?